TOP > ニュースリリース > コロナ禍で需要拡大が見込まれる 「Bluetooth機能の利用に関する自主調査」を実施しました

コロナ禍で需要拡大が見込まれる 「Bluetooth機能の利用に関する自主調査」を実施しました

release

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナ禍で需要拡大が見込まれる 「Bluetooth機能の利用に関する自主調査」を実施しました

セールスプロモーションの企画・運営をおこなう株式会社ヒロモリ(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:近藤彰彦、以下ヒロモリ)は、「Bluetooth機能の利用に関する自主調査」を実施しました。近年、急速に普及が進んでいるBluetooth対応製品。コロナ禍における生活や働き方の変化によって、さらなる需要拡大が見込まれます。

また、この背景を受けて薄型で携帯に便利な「ウルトラスリムBluetoothスピーカー」のOEM提供を12月6日より開始します。販売商品やノベルティとして、小ロットでオリジナル製作が可能です。


詳細はニュースリリースをご覧ください(PDF)

▼関連コラムはこちら
https://www.hiromori.co.jp/column/column/a74
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加