TOP > ビジネスブログ > 意思決定のスピードを上げる3つのポイント

意思決定のスピードを上げる3つのポイント

release

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
意思決定のスピードを上げる3つのポイント

変化する状況に柔軟に対応 今求められる

意思決定のスピードを上げる3つのポイント


「計画をプランニングしているうちに状況が変化してしまい、なかなか実行に移せない」
そんな課題はありませんか?変化のスピードが速く、先が見えづらい現在のビジネス環境では、これまでのマーケティング活動を変えていく必要があるかもしれません。

目次
1.決定のスピードを上げるOODAループ
2.意思決定のスピードを上げる3つのポイント
3.ヒロモリのご提供するWEBプラットフォーム
4.こんな課題をお持ちの方におすすめです

 

1.意思決定のスピードを上げるOODAループ

OODAループとは「observe・みる」「orient・わかる」「decide・きめる」「act・うごく」 の頭文字で、状況に応じた意思決定を行うための行動モデルです。OODAループはビジネスの世界にも広まっており、PDCAサイクルでは対応できない状況への対処方法として注目されています。 PDCAサイクルが計画づくりから始まるのに対し、OODAループは観察・情報収集から始まります。状況の変化や想定外のことが起こりやすい今のビジネス環境では、計画に対して結果を追求していくことよりも、状況を見ながら素早く行動修正していくこと、その循環づくりが重要になっています。

OODA.jpg

2.意思決定のスピードを上げる3つのポイント

プロモーションにおいても、状況を正確にリアルタイムに把握することは、判断のスピードを上げるためにとても重要です。ITを活用したプロセスの見える化や、効果検証をシステム化する動きが進んでいます。プロモーション資材の企画・調達・斡旋を、「WEBプラットフォーム」で一元管理するケースも増えていて、特にグローバルで最適な調達を図りたい外資系企業の採用が多くなっています。

意思決定のスピードを上げる3つのポイント

  1. IT活用によるプロセスの見える化
    企画立案から調達、実行のプロセスをIT化しリアルタイムで把握。状況に合わせて検証を行います。 社内外のステークホルダーを巻き込みながらプロジェクトをマネジメントします。
  2. 一気通貫した意思伝達
    プロモーション資材の品質、デザイン性などブランドイメージの踏襲、コンプライアンスの遵守など、本社の意図を末端にまで徹底して行き渡らせます。
  3. 思い切ったアウトソーシング(BPO
    コア業務に集中できる環境をつくると同時に、企画・調達のための内部コストも含めたトータルコスト削減につながります。

 

3.ヒロモリのご提供するWEBプラットフォーム

ヒロモリには様々なお客様との取り組み実績があります。多言語、他通貨への対応や、リアルタイム情報による在庫管理など、柔軟に対応できるプラットフォームを、お客様のご要望に合わせてカスタマイズしてご提供しています。

ヒロモリのご提供するメリット

  • ヒロモリがこれまで得意としてきた「モノづくり」と合わせて、トータルなご提案・サポートが可能に。
  • IGCのネットワークを活かしたグローバルな案件に対応できます。(日本国内の運営も対応いたします)
  • 必要なプロモーション資材を・必要な時に・必要な量だけ調達でき、在庫のリスクを軽減します。

 bpo_works.jpg

外資系化粧品の事例(左)人権労務や環境に配慮した工場の選定など、企業の厳しいコンプライアンス基準に対応・管理できる実績があります。また現地オフィスのスタッフに、コンプライアンス遵守のためのウェビナーも多く開催しています。

医療用製薬会社の事例(右)医療部門に事前認証されたアイテムに対して、数パターンのロゴと印刷位置をシミュレーションしながらオーダーできるようにしました。数社の指定サプライヤーがヒロモリのプラットフォームを通じてアイテムを提供しています。

IGCInternational Advertising Gift Council)とは
IGCは1カ国につき1社しか加入できない販促ギフトの国際団体です。現在48カ国から52社のプロモーション代理店が加盟。ヒロモリは1966年より、IGC日本代表メンバーとして、グローバルネットワークを通じて世界にSPサービスを提供しています。

 

4.こんな課題をお持ちの方におすすめです

  • 煩雑な業務を減らして、マーケティング戦略立案などコア業務に集中したい
  • 末端までブランディングを行き届かせ、IMCを実現したい
  • 企画・調達のための内部コストも含めて、コストを削減したい
  • メーカー選定、合い見積もりなど企画プロセスの透明化を図りたい  ・・・など

 

今回ヒロモリはIGCのメンバーと協働し、

プロモーション資材を一元管理・購買できるWEBプラットフォームを開発しました。

不明点などお気軽にお問合せください。

>WEBプラットフォームに関するお問合せはこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加