TOP > ビジネスブログ > 健康・美容系のクリニックやサロンがオリジナルグッズ販売を行うメリットとは?OEM製作事例を元に解説!

健康・美容系のクリニックやサロンがオリジナルグッズ販売を行うメリットとは?OEM製作事例を元に解説!

release

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健康・美容系のクリニックやサロンがオリジナルグッズ販売を行うメリットとは?OEM製作事例を元に解説!

健康・美容系のクリニックやサロンがオリジナルグッズ販売を行うメリットとは?
OEM製作事例を元に解説!


新型コロナウイルスの影響により、直接顧客と触れ合う業種である整体やリラクゼーションサロンなどでは、売り上げを維持、拡大することが難しくなっています。特に、新規顧客の獲得に苦戦している施設が増えており、従来とは異なる方法で顧客を獲得・育成していくことが求められています。
そこでおすすめの方法が「OEM製作」によるオリジナルグッズの販売です。自社サービスの関連商品を、オリジナルで開発し販売することで、直接的な売り上げの確保や既存顧客とのエンゲージメント強化、新規顧客獲得を目指せます。

しかし、「オリジナルグッズ販売で本当に顧客は獲得できるの?」という疑問が出てくるのではないでしょうか。

本記事では、コロナ禍における施設の売り上げを維持、拡大していく方法の一つとして、健康・美容系のクリニックやサロンがオリジナルグッズ販売を行うメリット、開発のポイントやOEM製作事例を解説します。

 

 
目次

■OEM製作によるオリジナルグッズ販売のメリット
 メリット1:物販による直接的な売り上げアップ
 メリット2:優良顧客育成・エンゲージメント強化が可能
 メリット3:ギフトニーズ開拓による新規顧客獲得
■OEM製作によるオリジナルグッズ開発のポイント
■効果的なオリジナルグッズの販売方法
■OEM製作実績紹介
 足裏の反射区を刺激しやすい「オリジナル指圧棒」
 自然な寝返りを実現し睡眠の悩みを解決「整形外科医 山田朱織の枕」
 のばすだけで体がよみがえる「ひざ裏のばしボール&タオル」
■まとめ

 

OEM製作によるオリジナルグッズ販売のメリット

OEM製作によるオリジナルグッズ販売3つのメリット

OEM製作によるオリジナルグッズの販売を進めることで、直接的な売り上げアップや顧客とのエンゲージメント強化など、様々なメリットを得られます。まずは、健康・美容系のクリニックやサロンがオリジナルグッズ販売を行うメリットを3つ紹介していきます。

メリット1:物販による直接的な売り上げアップ

オリジナルグッズの販売を行うことで、サービス面だけで得ていた売り上げの他に、物販による売り上げを獲得できます。OEM製作は基本的に小ロットで対応できるため、少ない資本でも始めることが可能です。そのため、無駄なコストや在庫を発生させることなく、実質的な売り上げを増加させていくことができるでしょう。

メリット2:優良顧客育成・エンゲージメント強化が可能

継続して店舗の売り上げを増加させるためには、新規顧客の獲得だけではなく、既存顧客の育成やエンゲージメント向上が必要です。特にコロナ禍においては、新規顧客の流入減を補うためにも、既存顧客の売り上げ拡大が求められます。しかし、ただ単にサービスを提供するだけでは、顧客育成を推進させることはできません。

オリジナルグッズの販売は、提供しているサービスにプラスアルファの価値を顧客にもたらし、既存顧客とのエンゲージメントをより強化する効果が期待できます。例えば、オリジナルグッズを活用してもらい自宅でのセルフケアを促進させた後、施設でプロのケアを受けることで、より効果を実感してもらうことができます。このような流れを習慣化させることで、来店しない時にも関係性を維持できるので、自社ファンの育成を促進します。

メリット3:ギフトニーズ開拓による新規顧客獲得

オリジナルグッズの販売は、既存顧客に対する売り上げアップ効果だけでなく、ギフトニーズの開拓も期待できます。例えば、既存顧客が自分の家族や友人にオリジナルグッズをプレゼントした場合、自社を知らない人にも認知を拡大できます。知人や親しい人からのプレゼントは口コミ効果が期待でき、施設の魅力や商品の良さが伝わりやすいので、優良見込み客獲得のチャンスにつながります。

オリジナルグッズを介して、新規顧客との接点拡大の可能性が広がることも、オリジナルグッズ販売のメリットです。

OEM製作によるオリジナルグッズ開発のポイント

OEM製作によるオリジナルグッズ開発のポイント

オリジナルグッズの開発を行うためには、自社ノウハウやメソッドをアイテムの機能に落とし込むことが重要です。それができなければ、顧客に対して自社の特徴や良さを伝えることができません。

その上で、OEM製作によるオリジナルグッズを開発する際のポイントは以下の3つです。

 1)自宅でも簡単手軽に使用できるか

 2)定期的に続けられるか

 3)お手頃な値段で販売できるか

また、アイテムの作りこみにこだわりすぎるとオーバースペックになりやすく、取り扱いが煩雑になったり、コストが合わなくなる場合がでてきます。そのため、オリジナルグッズ開発を行う上ではバランスを考えてアイテムを開発することが非常に重要なのです。

OEM製作によるオリジナルグッズ開発を外部の協力企業に依頼するのであれば、企業のノウハウやメソッドを最適な形状に設計でき、素材選定、製造方法などを販売価格に合わせてバランス良く提案できるパートナーを選ぶ必要がありますね。

効果的なオリジナルグッズの販売方法

効果的なオリジナルグッズの販売方法

効果的にオリジナルグッズを販売していくためには、オリジナルグッズを販売していることを顧客に対してアピールする必要があります。

まずは施設での販売、自社ECサイトでの販売を行いながら、既存顧客に対してオリジナルグッズの認知を獲得していきましょう。また、既存顧客に対してのアピールが浸透したら、新規の販路開拓も検討の余地ありです。書籍の販売やセミナーの開催、展示会への出展販売、ECモールへの出店などを行い、販売チャネルを広げることで、さらなる新規顧客の獲得も可能です。

しかし販路拡大は、最適な販路を選択するための市場リサーチや、販売条件の交渉などに多大な労力がかかりますし、新たな業界へのコネクションも必要になります。販路拡大のための営業活動に十分なリソースを投入するのが難しい場合は、外部のパートナー企業に相談するのも一つの方法です。

OEM製作実績紹介

実際に、様々な施設でOEM製作は行われています。ここでは、健康・美容系のクリニックやサロンのOEM製作事例を解説していきます。

足裏の反射区を刺激しやすい「オリジナル指圧棒」

オリジナル指圧棒

詳しくはこちら> https://www.hiromori.co.jp/works/anpiel/

「オリジナル指圧棒」は、東京・自由が丘の足裏ゾーンセラピー「サロンアンピール」様の依頼を受けて、ヒロモリが製作したオリジナルグッズです。女性のボディラインをイメージしたアンピールオリジナルデザインの指圧棒で、握りやすく手の平に馴染みやすいため、足裏の反射区を刺激しやすい点が特徴です。店舗だけではなくECサイトでも購入できます。ご自身のセルフケアはもちろんのこと、プレゼントとしても人気の商品です。既存顧客からのおススメで新規顧客への接点が広がる効果も期待できますね。

自然な寝返りを実現し睡眠の悩みを解決「整形外科医 山田朱織の枕」

整形外科医 山田朱織の枕

詳しくはこちら> https://www.hiromori.co.jp/works/pillow/

「整形外科医 山田朱織の枕」は、枕を付録にしたムック本として全国の書店で販売されたOEM製品です。ヒロモリが企画段階から参画しており、枕の製作から製造を行なっています。適度な硬さと素材、ミリ単位で高さを調整できるシートを使用しているため、自然な寝返りが実現できます。枕研究の第一人者である整形外科医 山田朱織先生監修の商品です。

のばすだけで体がよみがえる「ひざ裏のばしボール&タオル」

ひざ裏のばしボール&タオルの画僧

詳しくはこちら> https://www.hiromori.co.jp/works/ball_towel/

「ひざ裏のばしボール&タオル」は、川村明先生の監修のもとコラボ開発したOEM製品です。ひざ裏をのばすタオルと、ツボ押し効果のあるボールがセットになっており、体が硬い人でも、簡単に「ひざ裏のばし」ストレッチを実践できます。メディアにも取り上げられており、好評いただいているOEM製品です。

まとめ

いかがでしたか?
健康・美容系のクリニックやサロンで、オリジナルグッズを販売することで、直接的な売り上げの確保や、店舗の顧客育成・エンゲージメント強化が可能です。OEM製作なら小ロットでも対応できるので、コロナ禍での売り上げ維持、拡大に悩んでいる方は、オリジナルグッズ販売を検討してみてはいかがでしょうか。

ヒロモリは、ドクター、インストラクター、セラピスト等、専門家のこだわりを形にする、企画製作が得意です。企業のノウハウやメソッドを最適な形状に設計し、素材選定、製造方法などを販売価格に合わせてバランス良くご提案します。

また、多種多様な商品企画・調達力、海外調達拠点を保有し、海外メーカーとの直接取引を行っており、高品質、低価格を同時に実現しています。オリジナルグッズ開発・販売を検討している場合は、ぜひヒロモリにご相談ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加